ホ ー ム  

新型コロナウィルスに関する対応と事務所方針について

平素より格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます

さて新型コロナウィルス対策についての政府要請に対応することのみならず、地震、台風、豪雨などの自然災害の脅威が年々増加しております。このままでは今後の業務にも支障が出る事態も考えられるため、これを機に危機管理の観点からも顧問先様各位のご迷惑にならぬよう万全の体制を整えてまいるため以下のように取り組みたいと考えております。

  1. 人混みでのマスク着用と事務所出入りの際のアルコール消毒等手洗いの徹底
  2. 時差通勤及び在宅勤務の推奨
  3. お客様との巡回面談をリモート(ネットや電話)で行う

1について原則新型ウィルスの影響が収まるまでの期間は自己の予防と共に他者への感染を防ぐためマスク、手洗い、うがいという基本的行動を徹底させます。

2は時差出勤を行って従業員の健康管理を徹底しながら業務が滞るようなことがないように取り組ませていただきます。その時差出勤にともない、9時から事務所に連絡が取れない場合がございますのでお急ぎの場合はメールでご一報ください。折り返し担当者からご連絡いたします。また、少しでも体調が悪い、微熱(37.5度以上)がある、咳がでる、息苦しいという場合は在宅での勤務とし、その体制を整備します。

特に3については交通機関の麻痺や今回のような感染リスクにより対面訪問ができないまたは極力避けなければいけない事態が生じた場合を想定した緊急時の対応が必要になっております。そのためお客様とは綿密に打ち合わせの上、テレビ電話(Zoomなどネット)による巡回面談の環境を整えるため技術的なサポートをこちらからさせていただきます。

何よりも通常の業務の継続を優先し、今まで以上にサポートできるよう努めてゆきます。具体的には各担当者から連絡させていただきますのでよろしくお願いします。

令和2年3月2日

金田会計事務所   所長 金田 康良

 

img01

お客様に誠実に、的確かつ、迅速に対応できるよう当事務所のスタッフだけでなく、幅広い専門ネットワークを駆使して、お客様のニーズにお応えできるよう力を注ぎます。

お客様のパートナーである顧問税理士として・・・

img021

まずはやるべきことがきちんと出来ているということは、意外と大事なことです。
経営の判断の元となる帳簿、決算書が信頼できなければ大きな問題です。

その上で、利益に対してどう配分するか(役員報酬、営業経費、税金など)赤字に対して今後どう対応するのかを、一緒に考えてゆきましょう。

金田会計事務所の顧問業務とは

top_img10当事務所はお客様に気さくで、信頼できる頼もしい顧問税理士として次のことを目指していきます。

月1回の巡回訪問
決算前の検討及び次期計画の策定
申告書の書面添付と決算報告の実施
中長期経営計画策定の指導

業務メニュー